指揮棒で足を・・・!!

むかしむかし、そのむかし

自分の足に指揮棒を刺してしまい

亡くなってしまった指揮者がいたそうな・・・(;^ω^)

 

その人の名は

ジャン=バティスト・リュリ(フランスのルイ14世時代)

 

 

当時は今のようなタクトではなく
指揮は長くて重い棒で床をたたいて
リズムをとっていたのです(@_@)

 

そしてジャンは

な、な、なんと

その重たくて長い棒で

自分の足をつき刺してしまった!!!のです。

 

 

その時代には今のような医療も薬もなく

残念なことに、

その怪我が悪化して亡くなってしまった・・・そうです(-_-;)

 

昔は音楽するのも命がけだったのかもしれませんね。(/_;)

 

このようなちょっとしたオーケストラの豆知識と

問題を載せたワークシートを作っています。

 

こちらからダウンロードをどうぞ♪
解答はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA