音符の計算ワークその3

「音符の計算ワーク」その3(4枚目)

今回は連符を理解するためのワークです。

 

符尾(はた)の付いた音符(8分音符や16分音符などなど)が続くと
横棒で音符が繋がる形になる事が
理解しにくい子どもたちも多いようです(^_^;)

 

また、連符でも「3」が付いている場合と付いていない場合で、

音価が違う事など、このワークで確認できる・・・?

と、思います(*´ω`*)

 

少し難しいかもしれませんが

ぜひチャレンジしてみてください(^O^)/