”ドキドキドレミ”で読譜に強くなる秘密

【ドキドキドレミ】はこんな教材です

「ドキドキドレミ」ってどんな教材ですか?
と、お問合せをいただくことがよくあります。

そりゃ

「ドキドキドレミ・・・???」って感じですよね(;´∀`)

そこで今日はこの教材のご紹介をさせていただこうと思います。

ざっくりといえば「音符のフラッシュカード」です。

通常のフラッシュカードと違う点は、

スマホやタブレットなどのデジタルでも使え、

データを印刷すれば通常通りのカードとして使える

「一粒で二度おいしい!?」ちょっとお得な教材です。(^_-)-☆

音符のフラッシュカード

データをすべて印刷すれば

これだけのカードになります↓

データはすべてPDFなので、PDF閲覧ソフトAdobereader等が必要となります。

さてさて、この教材の狙いは、

ズバリ読譜力をつけることです。

楽譜の読めない子どもたちに、

まず、「線の音」「間の音」の区別ができるように

よく似た3音ずつがカードになっています。

ややこしい音も「3つ」ずつならとても覚えやすいです。

ちなみに音符の読めない50代のおじさんに試したらすぐに覚えてくれました(笑)

そして「3つずつ」が覚えられたら

1つ音が増えて「4音」のカードを使います。

仕上げには「線と間の音」混ざった全部の音のカードを使って

音を覚えていきます。

また、「ドキドキドレミ」のもう一つの使い方

「スマホ」や「タブレット」でこの動画のように

フラッシュカードとして使えます(*^_^*)

いかがですか?

ちょっと時間があれば

とても手軽に読譜レッスンができます。

使っている音域は下記の通りです。

ト音記号カード

ヘ音記号カード

また、単音のカードでは

さらに音域が広くなり

これさえあれば読譜はきっとバッチリですよ♪

単音カード

「ドキドキドレミ」ダウンロード購入はこちらからお手続きいただけます。